保険相談の相手

保険保険の加入内容を見直す際、誰に相談すれば良いか悩むものです。今加入している保険の代理店窓口や訪問を行っている保険会社などに相談をすれば今の保険会社の中で代替案を出されるため、他にもっと良い保険はないかと悩んでしまうものです。

確かに保険商品というのは毎年のように新しいものが販売されており、その時の世間のニーズにあったものが販売されます。そのため、今の保険会社の商品でより自分にあったものを見つけられるということもあります。また、同社のものであれば今までの加入歴も引き継げるのでお得です。

しかし、本当に自分たちにあったものであるかを判断するためにはやはり他社のものとも比較検討をしたいものです。そこでおすすめなのがファイナンシャルプランナーに保険相談をすることです。

ファイナンシャルプランナーは家計から総合的に必要な保障内容、加入すべき保険の種類のアドバイスをくれるので素人とは異なる視点からのアプローチでオススメを紹介してくれます。保険の相談というのは契約手数料を収益にしているため、多くの保険会社の商品を取り扱っており、どこかに肩入れすることなく中立的な立場でアドバイスをもらえるので複数の保険会社のものと比較検討しながら自分たちにあったものを選ぶことができます。

保険相談の時期

保険相談をする際に悩むこととして、誰に相談をすれば良いのかということ、そしていつ相談をすれば良いのかということです。

お金と電卓

まず、時期については保険の更新のタイミングでの見直しがオススメです。日常生活の中で保険の見直しをしなければ、と思うことはあるもののなかなか実際に相談ができないという人が多いものです。これは保険会社がたくさんあり、なおかつ取り扱っている商品がたくさんあるために、これらのものを比較検討して自分や家族にあったものを見つけ出すのにとても労力を必要とするため、どうしても後回しになってしまうのです。

保険の更新時期に見直しを行うメリットとして、締め切りが決まっているということです。多くの保険というのは契約の更新時期に更新ハガキが届きます。更新には締め切り期間があるために、期限があれば人は行動しやすくなります。

また、加入期間に保険を解約すると解約金が発生したり保険料の返戻金が思うように戻らないこともあります。そうすると、中には保険に二重で加入する必要が出てくることもあります。そこで、更新時期に更新を断って新しい保険へと切り替えるようにすれば重複して保険料を支払う金額を最小限に抑えられてロスを抑えることができます。最後に保険相談の相手について説明します。

保険相談の重要性

お金保険というのは自分のため、そして家族のために加入するものです。何もないに越したことはないのですが、誰もがある日突然病気をしたり事故にあったりする可能性があります。その時に、自分の治療費はもちろん家族の生活費、そして退院後の治療期間の生活費といったものは自分で用意しておかなければなりません。

しかし、万が一の時のために用意するべきお金というのはその時までどのくらい必要かがわからないものですし、日頃の生活の中でそのような時の貯金というのも思うようにできないものです。そこで、そのような時に助けてくれるのが保険です。しかし、実際には多くの人が一度保険に加入すればそれで満足してしまい、保険の保障内容がどのようなものかを聞かれても答えられないという人がほとんどです。

仕事が変わったり、収入が変わったり、結婚や出産で家族構成が変わったりすればその度に保険相談をして保険の加入内容や保障内容を見返すことが重要です。それを行わなければ必要以上に保険料を支払っていたり、実際に保障を受ける際に保障内容が不足していたり逆に必要以上の保障を受けることになったりといった状態が起こります。

必要以上の保障を受けられるならば良いと思う人もいるものですが、これは保障を受けるような状況になれば還元されるために得になりますが、保障を受けなければ必要以上に保険料を支払い続けていたことになり損失が大きなものとなります。そこで、ここでは保険相談をする際にどこでどのように相談すれば良いのかを紹介していきます。